ロゴ

水槽をレンタルする際の注意点~電気系統を確認~

アクアリウムって何?

アクアリウムは広義的にみると「水族館」という意味となりますが、ここでは水槽に流木や水草をレイアウトし、環境を整えたものに水生生物(魚や両生類など)をプラスしたものをさします。水生生物を入れなければ「テラリウム」と呼ぶこともあります。

アクアリウムと熱帯魚水槽の違い

水槽自体の見栄えを優先させるアクアリウム

アクアリウムは水槽の中の環境を重視します。そのため水槽自体の見栄えを優先させています。その環境の中で生きる魚などを数匹放してアクセントとします。

魚の見栄えを優先させる熱帯魚水槽

熱帯魚水槽は、水槽の中で泳ぐ魚の見栄えを重視します。熱帯魚の色や群れの勢力を考慮し、水槽の大きさに見合った魚を放します。水槽の環境を保つためのエビなども同時に飼育するなどの楽しみがあります。

水槽で飼える熱帯魚の種類

熱帯魚の種類は多岐にわたりますが、日本で購入しやすく育てやすい種類として挙げられるのが、コリドラスやグッピー等です。温度管理に気を付けていれば比較的簡単に飼育できます。単体の価格も安く繁殖しやすいため、初心者も導入しやすいでしょう。

水槽は借りることができる!レンタル手順まとめ

熱帯魚

水槽をレンタルする魅力

水槽のレンタルは水槽購入や水作りといった初期投資をすることなく、思い立ったその日に熱帯魚などを飼育することができます。契約内容によっては季節ごとに魚を入れ替えることができますし、突然の機械トラブルや生体の異常の時にも24時間365日対応してもらえることも魅力の一つです。自分が手をかけることなく水槽のある生活を楽しめる点も良い点と言えます。

水槽

業者が行なっているサービス内容

水槽をレンタルする会社が行うサービスは、その業者によってまちまちですが、毎月1回の定期メンテナンスのほか、24時間365日急行サービス等はほぼデフォルトで行われています。そのほか、新規導入時にオーダーメイド水槽を作成し家に配置することも可能です。テラリウムやアクアリウムの作成などにも応じてくれる業者もいますので、それぞれのサービスをチェックしていきましょう。

魚

水槽の導入で気をつけること

水槽を導入する際に気をつけたいことが電源や電気系統に関することです。設置場所と電源の関係をチェックすることが第一に挙げられるでしょう。また漏電が起こらないよう配電線設備やアースなども確認する必要があります。水槽レンタル業者も電気工事が必要な場合は手配をしてくれますが、その分の費用も計算しておくことをおすすめします。

水槽

導入する前に準備しておくこと

導入する際に準備しておくこととして広く紹介されているのが「電源を確保すること」です。家庭用電源コンセントがあれば良いと言われていますが、水槽を設置するための場所を確保することや、周辺を清掃しておくことも導入前の準備として大切です。そのほか、餌やデイリーメンテナンス用品に関しては業者が準備してくれるので不要です。

水槽をレンタルする際の手続き手順

魚

まずは電話などで見積もり依頼

レンタルできる業者を選んだら、電話やメール、お問い合わせフォーム等から見積もり依頼を出してみましょう。ここで自宅連絡先や設置希望場所などを伝えると、追って業者から連絡が届きます。

水槽のサイズ等を決定

設置場所に見合った水槽のサイズを決定します。小さな水槽から比較的大きな水槽までさまざまな大きさを扱っているのでまずは相談してください。場合によってはオーダーメイドも可能です。

導入する魚を決定

熱帯魚や淡水魚など自宅で飼育・観賞したい魚を決定します。水槽のサイズと導入する魚等によってレンタル料金が決まります。またオプションとしてテラリウム等のオプションを希望する場合はここでお願いしましょう。

水槽導入でレンタル開始

業者によっては、水槽導入後、魚を入れる前に水作りをするといったプロセスを行うこともあります。レンタル前の流れを確認しておきましょう。魚が投入されてからレンタル開始となります。決められたセルフメンテナンスは絶対に行いましょう。

[PR]
家電レンタル業者を利用しよう
引越しの初期費用を節約☆