相談

糖尿病の様々な症状|喉の渇きがひどいときは病院を受診しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

早期発見で改善

男性

食事と運動が大切

糖尿病は中高年がなるものと思われがちですが、10代20代で発症する人も増えています。糖尿病は初期にはあまり症状がありませんが、食事をしても満腹感が得られなくなったり食後数時間して眠気を感じるようになったら注意が必要です。糖尿病になると糖が細胞に蓄えられにくくなるため、エネルギー不足になってこのような症状が出てきます。また糖尿病は水飲み病とも呼ばれるくらい喉が渇く病気です。運動したり暑いわけでもないのに喉が渇くようになったら糖尿病が疑われます。糖尿病を防ぐには食事管理と運動が何より大切です。食後の血糖値の上昇を抑えるために野菜をなるべくたくさん摂ったり、甘いものを控えるようにします。運動すると血糖値を下げる事ができ、インスリンの働きも良くなります。

検査で発見

糖尿病を早く見つけるためには、健康診断を受けて血糖値を把握しておくことが大切です。太っている人や親が糖尿病の人は発症しやすいため、年に1度は検査を受けるようにしましょう。発症する前に対策を取っておけば、病気にならずにすみます。糖尿病を発症して5年程度たつと末梢神経が阻害されるため、手足の先がしびれたり熱さを感じるなどの症状が現れる場合があります。また便秘や発汗、勃起障害などが起こることもあります。発症して7年〜15年たつと今度は腎機能が阻害されるので体がむくむようになってきます。このような症状が出る前に病院で治療を受けることが大切で、初期なら食事療法と運動療法で症状を改善させることができます。

寄生虫検査を受けよう

病院

海外旅行から帰国した方は内科を受診しましょう。海外旅行から帰国した方に多く見られるのが寄生虫です。初期段階では自覚症状などがほとんど見られないので検査を受けることが大切です。城東区に住んでいる方で帰国後にまた寄生虫の検査を受けていない方は、できるだけ早めに検査を受けるようにしましょう。

More...

聴力低下をきたす脳腫瘍

カウンセリング

聴神経腫瘍は良性の腫瘍でゆっくりと進行します。聴力低下やめまい、ふらつきなどの症状が現れます。良性ですが大きくなると脳幹を圧迫して最終的には死に至るため、手術により摘出する必要があります。手術で摘出しても再発する可能性があるため、治療後も定期的に脳の検査を受ける必要があります。

More...

最先端を行くがん治療法

男の人

樹状細胞療法は、がん治療の新しい治療法として注目を集めている免疫細胞療法の一種です。有害物質を攻撃する働きを持つ免疫細胞に対し、がん細胞を抗原として認識させるための伝達能力を高めることで攻撃力の強化を図ります。

More...