女性

糖尿病の様々な症状|喉の渇きがひどいときは病院を受診しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

寄生虫検査を受けよう

病院

海外でよく感染します

城東区に住んでいる方で海外旅行から帰国したときは内科で診察を受けましょう。海外旅行などから帰国した際には入国ゲートなどで検疫などを受けますが、この検疫は伝染病などのウイルスをチェックなど基本的なものとなっています。そのため寄生虫などの検査などは行われていません。海外に滞在していた場合には食事などから寄生虫に感染することもしばしばです。ほとんどの寄生虫は初期症状や自覚症状などがみられないので、知らない間に体内で大きく成長したり増殖したりしてしまいます。初期の段階では自覚症状がみられない場合でも、やがては腹痛や栄養失調など様々な体調不良が現れるようになるので早期に対処することが大切です。そのため海外旅行などから帰ってきた方は、まずは城東区の内科で健康診断を受けることを推奨します。

早めの検査が大切

寄生虫の有無は内科で検便の検査を行えばすぐに判断できます。もし検査で寄生虫が体内にいることが判明した場合は、抗寄生虫薬などを処方して体内から寄生虫やその卵を駆逐することになります。抗寄生虫薬は家庭での服用も可能なので基本的には入院などの必要はありません。ただ体内から完全に寄生虫を駆除するまでは治療を続ける必要があるので、それまでは定期的な通院が必要となります。寄生虫はそのまま放置していても体内から自然にいなくなることはありません。そのまま放置していると家族や周辺の方への二次感染の危険性もあるので、早期に対処することが必要となっています。城東区の内科では寄生虫駆除の治療を行っています。海外旅行などを行った方でまだ寄生虫の検査を受けていない方は、できるだけ早めに城東区の内科で検査を受けるようにしましょう。