ロゴ

水槽のレンタル業者を選ぶ際はサービス内容にも注目

HOME>トピックス>しっかり確認しよう!水槽レンタル業者の見極め方

しっかり確認しよう!水槽レンタル業者の見極め方

水槽

水槽レンタルに必要な費用

水槽レンタルの費用は30cm四方の水槽で月額一万円程度です。生体や水槽の管理料も含まれています。そのほかに必要な費用があるかといった点ですが、月額費用の中に全て含まれているため、負担すべき料金は電気代程度だと捉えしょう。ただし、業者によっては、水槽ろ過装置の消耗品等は別途負担ということもあるので、事前に確認しましょう。

女性

水槽レンタル業者の探し方

お住まいの地域に対応できる水槽レンタル業者を探したい場合は、「水槽レンタル_○○市」等のキーワードで検索することも良いですが、比較サイトを利用することも一案です。見積もり額が業者ごとに大きく変わるので、気になった業者を見つけた場合は必ず見積もりを取り寄せて比較検討し、納得できる価格を提示した業者を見つけましょう。

熱帯魚

業者探しで気をつけるポイント

業者探しで気をつけるポイントは、「安さ」だけを売りにした業者に注意することが挙げられます。サービスも付加された料金であるというような納得ポイントを見つけましょう。また、メンテ日以外の生体の異常や機器の不具合などに急行してくれるサービスを提供している業者であるかどうかも確認すべきポイントです。また、レンタル料以外の費用がかからない業者もチェックポイントです。

ガラス水槽とアクリル水槽の違い

クリアに水槽が見渡せるガラス水槽

ガラス水槽はクリアに水槽が見渡せます。またオーダーメードなどで曲面ガラスへの加工なども可能ですので、デザイン性の高い水槽づくりも期待できます。ただし、重量がかさみますし、魚が激突する可能性もあります。

傷が付きやすいアクリル水槽

アクリル水槽は紫外線や経年経過によって白く変色する素材もあります。また傷が付きやすく、こすり落としが必要なコケや藻の発生を防がなければいけません。ただし、軽く持ち運びやすいメリットがあります。