女性

糖尿病の様々な症状|喉の渇きがひどいときは病院を受診しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

最先端を行くがん治療法

男の人

身体が持つ免疫機構を活用

人間の身体には、各種の有害物質に対して自律的に防御反応を起こす免疫機構というものが備わっています。そして近年では、この免疫機構を積極的に疾病治療に生かそうという動きが広まっています。その具体的な手法が、免疫細胞療法です。免疫細胞は、免疫機構をつかさどるリンパ球などの細胞群です。外部から入り込んだ細菌やウイルス、がん化した細胞などを見つけるとこれを攻撃し、無害化します。この働きを利用してがんの進行を食い止めることを目指しているのが、免疫細胞療法です。免疫細胞療法には、使用する細胞によっていくつかの種類に分かれます。その中で、非常に高い効率性を持った治療法として評価されているのが、樹状細胞療法です。樹状細胞療法はその特徴から特異的免疫細胞療法と呼ばれています。

がん細胞を効率的に攻撃

免疫細胞療法には免疫機構全体の活性を高める非特異的療法と特定の攻撃能力を高める特異的療法の2つがあり、樹状細胞療法は後者に属します。樹状細胞は皮膚や胃・腸などに分布する抗原提示細胞です。抗原とはがん細胞などの有害物質を指します。樹状細胞はこうした有害物質を見つけるとそれを他の免疫細胞に提示し、攻撃するよう指示します。樹状細胞療法はこの機能を強化することで、特定のがんに対する抵抗力を高めることを目標としています。樹状細胞療法には、患者自身の樹状細胞を使用します。これを採取してやはり患者の身体から採取したがん細胞と接触させ、特徴を覚え込ませます(人工的に作った抗原を用いることもあります)。その後、患者の身体に再び戻して効果を見守ります。治療法は基本的には注射や点滴のみなので、入院の必要はありません。また患者自身の組織を使うため副作用も起きにくく、身体への負担は軽くて済みます。